自動車orバイクを購入

自動車教習所で然るべき講習を終え、無事本免許の試験を合格して自分の免許を取得したなら後はやることは一つ・・・!自動車を買いましょう。第一種普通自動車免許を取得した人なら軽自動車や普通乗用車、普通二輪や大型二輪といったバイクの免許を取得した人ならバイクの購入になりますね。間違っても普通自動車免許所持者が普通二輪を運転してはいけませんよ。もちろん、その逆もまた然りです。第一種普通自動車免許取得者は50ccまでの二輪自動車なら運転が可能と法律で定められているので、遠出する時用の普通自動車を購入してちょっとした買い物程度であれば原付で済ます・・・なんてのもいいですよね。原付の正式名称は原動機付自動車で、自転車に乗れるだけのバランス感さえあれば簡単に乗りこなすことが可能です。免許に応じた自動車の購入、どんな車を購入するのかはもちろんアナタ次第です。

購入に当たって

免許を取得してウキウキな気分で自動車販売カタログに目を通すのもいいんですが、見てくれにだまされて自分には相応しくないものを購入することだけは避けなくてはいけません。どういったものが相応しくないかと言うと、例えば維持費にお金がかかりすぎて毎月の収入だけでは足りないような高級車や外車、例えば体のサイズよりも小さい車を購入して運転に窮屈さを感じたりストレスを感じるような車です。大柄な成人であれば大抵の軽自動車は窮屈に感じるでしょうし、逆に小柄な方の場合は余りにも大きな車(大型のバンやファミリーカーなど)を購入するとかえって乗り心地が悪くなってしまいますよ。維持費に関してはかなり切実な問題で、車が好きで好きでたまらない人でもなければ一月あたり交通費も含めて数万円かかるような車をずっと維持するのは難しいと思います。何事も分相応が一番であり、何かしら不満やストレスを感じることが予想される自動車は購入しないようにしましょう。

レーシンググローブの数が常時900点以上の在庫量を誇っているリールレーシングなら、きっとお探しの商品が見つかります!!

バイクの購入

普通二輪や大型二輪といったバイクを購入する方の場合、どういったバイクを購入するのかはその人の趣味の範囲にもよります。単に公道を走らせるだけならバイク全体のフォルムや値段を見て購入しても問題ありませんが、例えば、大型二輪免許を取得している方で毎年行われるレースに出場することを希望している方ならレース使用のバイクを購入しますし、アウトドアを楽しむためにバイクを購入する人ならそれなりに頑丈な作りのバイクを選ぶ必要があります。三輪トライクオートバイは車種によっては普通免許が必要なものもありますが、荷物も大容量で転倒リスクが高く安全性が上がることから人気があるようです。私の友人のK君はファラオラリーやモンゴルラリーといった海外のラリー参加を目指しているためか、常にレース使用のバイクを購入し、しかもレース毎に新しいバイクを購入するという徹底ぶりでした。新車ではなく中古でバイクを購入していた彼ですが、購入前には必ずお店に電話でバイクの様子を口頭で確認し、そこから直接出向いて自分の目で見るというなかなかにバイクに熱を注ぐバイクフリーク。それくらいの情熱を持ってすればまず購入で後悔することはないでしょうね。
また、買い替え等でバイクの処分を検討されている方が居らしたら、こちらまで。